‘▶運命鑑定’ カテゴリーのアーカイブ

ズバリ的中しました。

2016/04/16

今年2月17日のブログを再掲載します。

日本列島に土の星がずらりと並びますので、
地震の可能性と掲載しました。

ズバリ的中。

暗剣殺の方向・・・南西

すなわち九州地方となります。
 
 
 
【以下 再掲載】

kiji2

平成28年 今年の暗示

2016/02/17

さて、節分の豆まきが過たところで本格的な新年になりました。
本年度は「二黒土星」(じこくどせい)の年です。
「二黒土星」という星は“大自然”や“大地”という意味があります。

地球環境が悪くなって来ていることは
皆様もご承知と思います。
この冬は雪が少なく暖かい冬かと思えば大寒波が襲来したり
また先日は驚くくらいの暖かい日が2日続きました。
このように自然は異変をしています。

「土の星」の年は大地震の恐怖があります。
大自然、大地には火がつきものです。
大火の兆しもあることをインプットしておいてください。
「風害」すなわち台風も並外れた大きなものが襲いかかってくることも考えるべきです。

今からご用心を

九星図面

この二つの方位に遊び事で出かけてはいけません。
・南西
・東方
「土」の年は都会の土地が上がる傾向があります。
したがって都会の不動産は買いです。
 

個人の運勢をお知りになりたい方は
カピルス北新地店へ。
ご予約優先とさせていただいております。

続 九星気学 運命鑑定について

2015/01/20

寄せては返す波のように、
吉運の波に乗る月もそうでない月もあります。

「あと数ヶ月後には幸運が訪れる。
 だから今は我慢しなくては」
という心構えが大切です。

逆に絶頂期だからと
有頂天になってはいけません。

不幸が重なると誰もが自信を失いますが、
原因がよく解らず
未来を確実に予見することもできません。

しかし、この見えないはずの未来が
また不幸の原因が何であるのか?
「気学」は示してくれるのです。

したがって、来たるところ「気学」は
偉大な人生哲学なのです。

この「九星気学」を縦横に活用していただき
あなたの未来が幸福包まれることを
願ってやみません。
 
 
前回の九星気学 運命鑑定についてはこちら

九星気学 運命鑑定について

2015/01/11

新年気分も今週末を迎え、もう落ち着いてまいりました。
今年も名物の「運命鑑定」は順調にスタートを切っております。

私の運命鑑定は
あなたの知らない不可思議な力が
あなたを支配している事実を
見据えるものです。

しかし、単に運勢や相性を良いの悪いのと
いたずらに人の心をかき乱すために
鑑定を使うべきではないと考えています。

運気の流れや相性の善し悪しを知ったら、
それをどう乗り越えて行くのかを探るのが
運命鑑定の目指すべき道なのです。

運命鑑定士冥利につきます。

2014/09/01

8月30日土曜日
遅い時間に5名のお客様が、看板を見て来店なさいました。
皆様は会社のオーナーさんで、
私に仕事の事を鑑定して欲しいといらしたのです。
丁度お客様も帰られた後でしたので
お一人ずつゆっくり鑑定が出来ました。

帰りにお見送りさせていただいた時に
「本当に本日は楽しかったです。
 溜飲が下がり、わだかまりも消えてスッキリしました。
 当たりのお店でした。」
と皆様からおっしゃっていただきました。

私の鑑定でこんなに喜んでいただけるのでしたら、
鑑定士「冥利」につきます。

九星と会社人事のお話

2014/05/23

『重役抜擢には三対二の法則あり』

jinnji“人は城なり”と言われるように、
企業にとって最も需要な事は
「如何に優秀な人材を選択し育て上げるか」ということです。
しかしいくら才能のある若者を採用しても
彼らを受け入れる器がしっかりしていなければ
若い芽も伸びようがありません。
会社の器づくりの中でも特に重要な仕事が、
役員人事の問題でしょう。

私の店にも社長さんが相談にみえます。
1人でみえる場合が多く、
すでに頭の中には大まかな構想があるのですが
最後の詰めの段階で今ひとつ
決心がつきかねている場合が多いようです。
たとえば5人の役員を選ぶ。
この場合大切な事は、三対二の方式というものです。
つまり社長の星と相生(そうしょう)する星の人を3人選び
引き合わない相剋(そうこく)する星の人を2人選びます。

ただ相剋するといっても単純に反発する星ではなく
社長の星に一番意見が言える強者の星を持って来る必要があります。
いわゆるイエスマンばかりでなく御注進を正直に言える
性格の星を抜擢するのがポイントとなります。

◯一白水星の社長の場合…五黄土星が大きなポイントを握る
○二黒土星の社長の場合…変革の星 八白土星が欲しい
○三碧木星の社長の場合…慎重型の二黒土星・五黄土星を補佐役に
○四緑木星の社長の場合…開拓の星 八白土星と財力の星 五黄土星が必要
○五黄土星の社長の場合…三碧木星のスピード、四緑木星の企画力が必要
○六白金星の社長の場合…九紫火星・三碧木星のスピードが欲しい
○七赤金星の社長の場合…同じ七赤金星は絶対に避ける
○八白土星の社長の場合…四緑木星の企画力とスピードの一白水星を加える
○九紫火星の社長の場合…四緑木星・七赤金星の柔らかな頭脳が欲しい

 

『九星から観た理想の人事』

まずトップ(社長)は、何といっても【五黄土星】
財力・伝統の重み すべて備わった王者の風格があります。

副社長は【六白金星】
シビアであり権威と品格のある征夷大将軍の星。

専務は【八白土星】
勇気があり広い商いをします。

経理は【九紫火星】
計算力では間違いがありません。

営業は【三碧木星】
知恵者の星です。

企画は【七赤金星】
考え方が柔軟です。

総務は【一白水星】
器用に何でもこなします。
但し才覚の星なので副社長が六白金星の場合は
秘書にするとスピーディーに事が運びます。

庶務は【九紫火星・二黒土星】
どちらも手堅く、縁の下の力持ち的な仕事を
真面目にコツコツとやり遂げます。

一白水星から九紫火星まで、それぞれの星に特徴があり
どの星ひとつを欠いても会社はアンバランスなものになってしまいます。
それぞれの星の特徴をよく識り人材を配置すると、
健全で将来に向かって伸びて行く会社となります。

九星占術(気学)とは何か?

2014/02/20

“人はみな星のもとに生まれ、その星の運命を背負って生きて行く”
中国4000年の暦の考え方です。
余り聞き慣れない言葉なので、説明いたしましょう。

お正月になると暦をもらいますよね?
暦はもともと北斗七星が基本になっています。
その北斗七星の七つの星にもうひとつ心霊化した星を足し、
八星を八方位に配します。
さらに中国大陸の黄土を象徴した星、五黄土星を中心に配し
九つの星、九星の方位を定めています。

簡単に言いますと、星が九つあります。
そして人は生まれながらにして
これらの星のどこかに当てはまるということです。

星は毎年・毎月・毎日動いていきます。
本来、五黄土星の座している所に
今年は四緑木星が移動して来ました。
したがって四緑木星の風の星が今年の世の中を支配します。

今年は節分を境に始まっています。
ご存知のように、風は水を呼び大雪を各地で降らせています。
風は火を呼び、水を呼びます。
四緑木星の風が真中にあるから、そういう現象が起きているのです。

今年(平成26年)2月4日〜来年(平成27年)2月3日までを
四緑木星とします。
この期間、四緑の風が世の中を動かして行きます。

凶運を恐れないでください!
よく“占いは信じない”“悪い事が偶然重なっただけ”
などと言う方がおられますが、
後でその不運を調べてみると、凶がいくつも重なっています。

信じようが信じまいが
あなたのまわりに起こる出来事が
「星」の示すとおりに動いて行くという現実を
忘れてはなりません。

しかし、大凶にばかりとらわれ
ビクビクした毎日を送っているのではなく
“大凶なら、のんびり次の吉まで待とう”
というくらいの気持ちで過ごすことです。

それが凶を乗り越え
やがてやって来る吉運への準備となれば
一番適切に人生の波を乗りこなすことになるのです。



▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ 
今年はわかりやすく気学(気の学問)を説明致しますので
皆様もご一緒に学んでください。
▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ ▻ 



“星”と言えば、これしかありませんか(笑)
中島みゆきさんの 地上の星 

運命を知り、運勢を切り替える。

2014/02/11

fuji 運命はある程度決まっているものですが、動ずることで運勢は変化します。したがって個人的な運勢は、行動ひとつで変えることができるものです。「危険」を感じたら逃げることも運勢を切り替える方法のひとつです。

 同じ事故や事件に遭って生きる人と亡くなる人がいます。ただ、どこでこの区分けをしているのかを考えた時、その深さを感じざるをえません。医学界はiPS再生医療などの技術発展に目を見張る反面、科学では割り切れない症状でお悩みの方も多くいらっしゃいます。

 難病でも治って生き抜く人から、簡単な風邪から肺炎を起こし亡くなる人もいます。つきつめると人間は、守護されているか・されていないか?2つにひとつの状況下で生きているように思えます。

 守護されているというのは、神様・仏様を大切にされている方ではないかと多くの方を観させてもらった経験で感じます。こういった心がけも運勢を切り替える方法のひとつだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カピルス2号店は梅田北新地店にオープンして一週間を休みなしで走り抜き、日・火と充電させていただいてます。好評の私の無料運命鑑定。一例ですが、ご先祖のお墓を少し修正しただけでご病気が改善された方もいらっしゃいます。体調だけではなく、事業のこと、仕事のこと、人との相性のこと。それらでお悩みであれば、運勢を切り替える事も可能です。当たるかもしれない占いではなく、運命鑑定はド真ん中を射抜きアドバイスいたします。