運勢を切り替える要の第一歩。

1日は24時間
起きている・働いている時間が16時間
残りの8時間が「寝ている時間」というのが一般的です。
つまり人生の1/3は寝床にいるということですので、
一般人の平均寿命が80歳とすると約27年となります。
驚くではありませんか?
27年もの間、寝ているとは。
したがって、運勢は寝ている間にもつくられていると言って過言ではありません。
問題は「寝る」という行為をどのようにしているのか?ということです。

家の中のどの部屋で寝ているのか?
家の中のどこで寝ているのか?

これは運勢にとって極めて大切なものです。

自分の持っている星の方位に寝ると
自分の星を押さえていることになり障りが生じます。
五行相生に従って吉の方位に寝ると、凶事が発生しません。
これらを背景に寝る方位を決めることが、運勢切り替えの第一歩なのです。

ご夫婦の場合は奥様を優先に観ます。
女性は「生む」「育てる」力というものがあり、家は家庭です。
ゆえに奥様を「家内」と呼ぶのです。
決してご主人様はひがんではいけません。

何気なくベッドを置いたり布団を敷いたりして寝ている毎日。
簡単に決めず洞察をし、寝る方位を意識したいものです。

 

では星にちなみまして、オリジナルサウンドトラック 星に願いを を