2/25(火)のお客様【シメサバ】

お客様の◯山様のお話。

  先日2月22日(土)の夜、夕食にシメサバを食べました。
  すると夜中の2時頃、胃に激痛が走ってのたうちまわり
 「これはヤバイぞ!」
 「妻から毒をもられたのでは!?」
 「いやいや、それは僕の勘違いだろう!
  心の底にしまっておこう。。。」

  どんな痛さかと申しますと、
  キリ通しで胃の壁をグリグリされる
  という苦しみです。

  翌23日は苦しい一日でした。
  やっと週があけ月曜日に病院へ行き胃カメラ検診
  胃カメラは鼻から入れます。
  麻酔をしますので痛くはないのですが、
  一瞬は涙目になります。
  検診の結果、寄生虫のアニサキスが発見されました。

皆様、青魚にはくれぐれもご注意ください!

生ものってやはり恐いものですね。
そのシメサバは◯山さんの奥さんが
サバを買って来てご自分でつくられたそうです。
ちなみにカキはA型肝炎に感染したりしますよね。
先日、上沼恵美子さんも
A型肝炎に感染されたようです。

 

その後◯山さんと同じ医療関係にお勤めの◯原様と
ちょうど隣にお座りで建築関係の◯崎様と
「仕事が終わった時にどんな言葉を掛けるか?」
のお話をしていました。
◯崎様(建築関係)は「しまいます。」
◯原様(医療関係)は「失礼いたします。」
私、ママは「あがります。」

仕事によって、こんなに違うものなのですね!
ひとつ勉強になりました。
他にもいろいろありそうで興味深く思います。

 

それでは唐突ではありますが、今日は海援隊の「母に捧げるバラード」を