二十四節気〜冬編〜

今年も残り少なくなってまいりました。

来年のカレンダーを見ますと

●小雪(しょうせつ ※こゆきではありません。)
などと書かれています。
これは11月22日頃です。
冬もやや進んで、北国から初雪の便りが訪れる頃です。

●大雪(たいせつ ※おおゆきではありません)
これは12月7日頃です。
北風が日増しに強くなり、しばしば降雪がある頃です。

●冬至(とうじ)
これは12月22日頃です。
この日は北半球では太陽の高さが最も低くなります。
そのため昼が一年中で一番短く夜が長くなりますが、
一陽来福(いちようらいふく)とも言い
この日を境に陽射しが徐々に伸びていきます。

●小寒(しょうかん)
これは1月6日頃です。
寒気が日増しに加わり、雪がしばしば降ります。

●大寒(だいかん)
これは1月20日頃です。
極寒の日が続きますが、春がやってくるとの希望がふくらみます。

二十四節気とは古代中国でつくられた季節区分法です。
季節を二十四等分した位置にそれぞれの節気を配置して
一年の気候の推移を知るようにしたものです。

四千年もの歴史をもつ中国暦 おそるべし!ですね。
 
 
では ふきのとう の 白い冬 を。